新しさを追求する

家庭用のゲームやスマホゲームは、日本でばかり人気がある訳ではありません。
世界各国で、さまざまな人が、さまざまなジャンルのゲームを毎日のように楽しんでいるのです。
日本でも、タイトルが出るごとに話題となるシリーズもののゲームはたくさんありますが、やはり海外にもたくさん人気作品はあります。
日本も海外もそうですが、そうした人気タイトルは、同じスタッフによって生み出されていることが多いようです。
ですから、ゲームを作る際には良いシナリオの書ける作家を用意するだけでなく、長く同じ気持ちを持って仕事を続けることのできる制作パートナーを選ぶことが大切です。
特に、これからスマホゲームを配信しようと考えているのであれば、「エーステクノロジー」や「コロプラ」などの実績のある企業を選ぶことも大切です。

海外の作品で話題を呼んでいるものの中には、ゲームというよりは芸術作品や映画を見ているような気分を味わえるものもあります。
そうしたゲームの多くは、まだプラットフォームは家庭用ゲーム機ですが、そうしたものをプレイできるだけのメモリーが近頃のスマートフォンやタブレットには備わりつつあるので、「既存の、RPGには飽きてきた」というユーザーを取り込みたい、「スマホゲームはしてみたいけれど、ストーリーを重視したものを楽しみたい」と考えているユーザーを新規で呼び込みたいと考えているのであれば、そうした作品をモデルにしてみるのもいいのではないでしょうか。
特に、スマホゲームは、家庭用ゲーム機で楽しむタイトルなどとは違い、いつでも、どこででも手軽に始められるという特性に加えて、「目新しいもの」が求められる傾向にあるので、一歩先を見据えたゲーム開発を考えることは必須だと言うことができるでしょう。

ユーザーが常に新しいもの、楽しそうなものを求めているということは、常に配信が待たれているということであり、新しいユーザー獲得のチャンスが訪れていると言うこともできるので、配信を考えている企業は既存のゲームに似たものではなく、一歩進んだゲームの開発を心がけることが大切です。

エーステクノロジー